リハビリデイ結が提供するサービスについて

機器まかせにしない機能訓練と、心のケアを欠かさない、利用者様に寄り添うサービスを提供しています。

1日3時半。自立した生活を維持する、重症化させないリハビリ、痛みがあって動きにくいところを少しでも楽になっていただける技術、今までの生活がより良くなるための総合的な機能訓練を重視しています。

お一人お一人、体力・気力・免疫力など目に見えない部分にもきちんと心配りし、来てよかったと実感していただけて、楽しい空間を目指しています。

ケアマネージャー様に是非知っていただきたい「結の特徴」

  • 職員教育に力を入れています。職員のご利用者様に対する接遇や教育を行う整備をしています。(楽ちんキャリアアップ導入済)これにより、スタッフが自己を見つめなおす機会になり、ひいては転倒などの事故を引き起こすことのリスクが減ると考えています。最近は介護職員が起こしている様々な問題がクローズアップされています。これらの中に潜んでいるものは、「教育不足」なのではないかと考えています。
  • 「歩くこと」を最大の目的とし、できるだけ在宅で過ごすことが出来る状態を維持していただけるよう色々工夫をしています。「足ケア」に特化させて今まであまり関心の無かった「足ゆび」に意識向けてもらっています。足ゆび体操も毎回行っています。 ※足育アドバイザーとしても活躍しています。
  • 冷えとむくみには定評を頂いております。特にむくみには自信があります。
  • 遠赤外線温浴を取り入れていまして、全身が温まることプラス精神安定にも効果を発揮しています。
  • 口腔機能を落とさないようにも力を入れています。歯のお手入れ方法や唾液分泌の促進体操、発声、笑顔体操など顔全体を動かすことを楽しく行っています。
  • 脳トレの一環として、国語力を使って回想法にも役立つこともしています。ご利用者様達も真剣に考えておられます。ミュージックケアも取り入れています。
  • 機能訓練指導員が個別に的確な指導を行っていることで、個々の症状に合わせたオリジナルメニューとなっております。個別機能訓練も好評です。 
  • 急性期から慢性期まで対応しています。 

 

以上が、当施設の大きな特徴です。

 

短時間で帰宅でき、一日を有効に活用していただけることではとても良い時間の使い方ではないでしょうか?

 

地域の皆様、周辺地域の皆様には、より健康意識を高めていただき、寝たきりにならないよう、重症化しないよう出来ることを行っていただくように誠心誠意サポートしたいと思っております。

 

スケジュール

機能訓練の一例

個別機能訓練

柔道整復師等の専門知識を有するスタッフが、痛み等の症状を緩和・軽減するために実施します。それぞれの症状に合わせてきめ細やかに、誠実に実施し的確なアドバイスにも利用者様より高い評判を頂いています。捻挫や片麻痺など、急性期の症状にも対応可能です。

WA型理学療法器

体内循環機能・筋力の低下に伴い、特に足にはむくみや疲労がたまってしまいます。軽い振動を与えることで血行の体内循環を促進し、むくみを取ったり疲労を回復する効果があります。

乗りながらうとうとするほど気持ちがいいです。リラックス効果高いです。

 

遠赤外線温浴器・足湯

15~20分使用することでリラックス効果、冷えを解消する効果を得られます。血圧が高い方、自律神経が不安定な方に特におすすめです。(さがの)

 

麻痺症状や、しびれの強い方は特に冷えが強く表れる傾向にあります。

日常生活の中で足だけをゆっくり温めるお時間を確保することがなかなかない方が多くいます。

ゆっくり好きな本を読みながら、楽しいお話をしながら、足を温める時間を堪能してみてください。(足湯)

 

ご利用風景

ご利用料金

地域密着型通所介護

 サービス提供時間  サービス1回あたりの利用料金及び利用者負担金

   3時間以上

 5時間未満

 要介護1 426単位 利用者負担額 426円
 要介護2 488単位 利用者負担額 488円
要介護3 552単位 利用者負担額 552円
要支援4 614単位 利用者負担額 612円
要介護5 678単位 利用者負担額 678円

介護予防(2017年4月より要支援の料金が変更されます)

 サービス提供区分  サービス1回あたりの利用料金及び利用者負担(2017年4月~)

介護予防

通所介護

(要支援)1 4回以下利用の場合 378円
1647単位(5回ご利用)
(要支援)2  8回以下のご利用の場合 389円
3377単位(9回ご利用)

その他

おやつ、飲食、レクリエーション料金として別途200円(税別) 
おむつ代は実費となります。(持参された場合は無料) 
 介護度 要支援1 要支援2
運動機能向上加算   225単位
  •   要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
    個別機能訓練加算Ⅰ 46単位
    個別機能訓練加算Ⅱ 56単位

※1回につき



メニュー